Original Color

ノーメッキ

ノーメッキ

メッキ屋にしか出来ないメッキの除去

市販のウェッジやアイアンの表面に処理されたメッキ皮膜を化学薬品で除去し、
研磨とサンドブラストで綺麗な外観に仕上げます。

プロやトップアマがウェッジはノーメッキを使用すると聞くが、ゴルフショップで見かけることはありません。何故なら、流通の過程で赤錆を発生させてしまうからです。ノーメッキ仕様はその名の通り何も表面にメッキが施されていないものを言います。プロが選ぶ理由は、設計通りの重量で組み立てられることや、硬さのあるクロムメッキなどと比較して軟鉄鍛造そのものの柔らかい打感で打てるため、スピンをかけやすくピンデッドに狙っていくことが出来るためです。

ノーメッキの特徴1

軟鉄鍛造
そのものの打感

ノーメッキの特徴2

光の反射が少なく
ギラつかない

ノーメッキの特徴3

メッキ皮膜が無い分
弾きが弱くピンデッドに
狙っていくことが出来る

ノーメッキの特徴4

直ぐに錆びる

ネット上でメッキを剥がす方法が紹介されていますが、市販の薬品でクロムメッキは溶かせても、ニッケルメッキを溶かすことは容易ではありません。ニッケルメッキや銅メッキを溶かし、軟鉄母材を保護することが可能な強アルカリ性のシアン浴を利用することで再メッキまでに余計なダメージを与えることをしません。ノーメッキと“剥離のみ”の違いについてですが、ノーメッキは剥離後に、通常販売されているアイアンと同様に研磨とサンドブラスト処理を行い、外観を整える作業が加わります。

参考例

※既存のクラブをカスタムすることでオリジナルのクラブが完成します。

オリジナルカラーメッキ 一覧

ソフトブラック

コバルトブラック・ビーズ

優しい見た目の赤い黒

ミラーブラック

コバルトブラック・ミラー

切れ味のある高級な黒

ビーズボロン

ビーズボロン

柔らかい印象で肩に力が入らない

サテンボロン

サテンボロン

一世を風靡したボロンメッキの代表格

ミラーボロン

ミラーボロン

ゴージャスなシャンパンゴールド調

ホワイトビーズボロン・ツートン

ホワイトビーズボロン・ツートン

ほんのり輝くフェミニンな見た目

ホワイトビーズボロン

ホワイトビーズボロン

ほんのり輝くフェミニンな見た目

ブラックボロン艶消し

ブラックボロン艶消し

太陽光の反射を無にする漆黒仕上げ

ブラックボロン艶あり

ブラックボロン艶あり

深みのある黒の美しさ

ブラックボロン艶消し・フェイスツートン

ブラックボロン艶消し・フェイスツートン

削れるなら先に綺麗に削ってしまう発想の転換

銅サテン

銅サテン

軟鉄より柔らかな赤胴の打感

銅ミラー

銅ミラー

切れ味の鋭さと打感の柔らかさを

銅いぶし

銅いぶし

最後は自分の手で完成させる

銅下

銅下

打感の柔らかさを忍び込ませる

クロムフェイス銅出し

クロムフェイス銅出し

必要な部分だけ柔らかく

ノーメッキ

ノーメッキ

メッキ屋にしか出来ないメッキの除去

黒染め

黒染め

黒く錆びさせ赤く錆びさせない

クロムフェイスノーメッキ

クロムフェイスノーメッキ

フェイス以外錆びないからメンテナンスが楽

ハードブラック・ミラー

ハードブラック・ミラー

青く輝く黒

ハードブラック・サテン

ハードブラック・サテン

ガンメタリック調の落ち着いたモデル

ハードブラック・艶消し

ハードブラック・艶消し

派手じゃないが地味じゃない

ハードブラック・ビーズ

ハードブラック・ビーズ

艶消しにサッとビーズを一吹き

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。