練習場へ通って感じたこと

ゴルフは下手くそですがゴルフが大好きな私は、前回ブログに書いた通り練習場へ通い始めたわけです。そこで気づいたことを書いていきたいと思います。また最後に、どうしてそんなことをブログに書き始めたかも後述したいと思います。

その1.常連さんがいる(お前もな)

毎朝決まった打席に決まった先客がいて、挨拶するでもなくなんとなくお互いの存在を認識し合っています。挨拶出来るようになるかなと思ったりもするのですが、気恥ずかしいし、一番初めにそんな挨拶するわけもないのでお互いゴルフ練習場の風景の一部と化しています。

その2.早朝は静かな分雑音が気になる

150打席ほどが並んでいて、3組しか打っていなかったのですが、私の二つ隣の打席にお客さんが入ってきました。まあ空いてるし、別にいいんですが体操を始められて漏れてくる吐息が気になって気になって、ショットが直ぐに乱れました。

これは、本コースでのティーショット中に、ちょっとした雑音が気になって調子を崩すのと似ているので、案外いい練習になるかもしれないと思い、積極的に人の出入りが激しい所で練習しようと決意を固めました。

その3.ヤンキー率が意外と高い

早朝なので若者は少ないと思っていたのですが、ヤンキー率が高いです。物凄いテンションが高く、奇声を上げながら楽しそうにやっています。それも気になるのですが、普段見かけないような層のゴルファーも増えてきたので、すそ野が広がってきたんだなと感じました。

もしかしたら、徹夜明けに来てるかもしれませんね。

その4.ネットガードで動く人を狙いたくなる

同じことの繰り返しなので飽きてきて、練習場スタッフの方がボールをレーキで集めるためにネットガードで動いているのを狙いたくなります。完全にわざと狙ってる人もいるなとアドレスを見たら思うこともあるでしょうね。ゴルフで動く的を狙うことなんてないんですけども。

その5.昨日できていたことが今日はできない

毎日勝ち逃げの様に、ある球数を過ぎた時に、ナイスショットで終わりにするというルールを設けています。

そのいいイメージで毎朝意気揚々と練習場へ行くのですが、今日なんて普段出ないスライスばっかりで、これ以上やったら何のために毎日やってるか分からなくなるなと思い中断しました。

あと、自動で球が出てくるので、ナイスショットで終わりにしようとしても、最後に一球余分に出てくるので、これを返球できる仕組みが欲しいところです。

その6.練習は裏切らない!?

スコアを少しでも良くしたいと思い始めた練習場が良いですが、通い始めて2ラウンド、今までよりもスコアが悪くなりました。

練習場で100発100中の正確なショットを打てているかと言えばそうではないのが影響していると思います。何発に一回かは大きく曲げてしまう、その意識が不安を生み、本コースのティーグラウンドで景色や前ホールのスコアなど、色んな要素が積み重なって上手く打てていないのです。

練習で上手くいっていないことが、ちゃんと結果として出ているので、練習は裏切らないというのは本当だと思います。

なので、考え方を変えて100%成功するショットを身に着けることを2ラウンドで惨敗した自分への課題です。

まとめ

ゴルフと向き合っていく中で、スコア向上はどうしても目指したいところですが、下手くそを隠さずに記録して、オープンにして、その過程を共有していくことで、上手になりたい方のヒントになればと思い今年に入って取り組みを書いていくことを決意しました。

もしどこかの練習場でお会いする時は、どうぞ応援を宜しくお願いします。

ご注文
お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。