ゴルフとビジネス③

連載3回目となりました。ゴルフをやろうか迷っている方に、メリットをお話してとにかく始めてもらおうという企画でございます。

1回目は「ゴルフをやらなかった理由」を列挙し、始めてから印象が変わったことと後悔について書かせて頂きました。

2回目は、「ゴルフにかかるコスト」を必要なものとそうでないものについて書かせて頂き、いかにローコストで始められるかをかかせて頂きました。

3回目の今回は、ずばりゴルフ婚活です。

男女問わず婚活に有効

ゴルコン(ゴルフコンパ)をいう言葉もあるぐらい、男女の出会いをアシストしてくれるスポーツとしてゴルフが活用されているそうです

男女混合で遊べる点

言わずもがな、性別に関係なく遊べるスポーツなので、ティーグランドの位置が違うだけであとは男子だから有利だということもなくかなりフェアに競い合えるので、とにかく盛り上がります。4人1組で回るので、男女ペアが作りやすいのもお勧めする理由です。

人柄が時間をかけて観察できる点

6~7時間以上一緒に同じ目標に向かってプレーするので、ラポール形成(人と人との信頼関係)がゆっくりと確実に出来るので、色んな場面で相手と自分が合うか合わないかをジャッジしていけることも魅力的な点かと思います。

この人は見栄っ張りで、自分の失敗に対して後に引っ張るタイプだとか、ストレスに強く他人のことを思いやってくれるタイプだとかです。

はっきり言って相性占いをしてもらうより自分の目で確かめられるのでお勧めです。

ファッションで自己PRできる点

ゴルフ場は女性にとって、おしゃれを楽しむ場所でもあります。ゴルフウェアにはスポーツブランド以外の参入が相次ぎ、機能性を持ちつつも可愛いウェア、カッコいいウェアが沢山あります。

ここにどれだけ自己投資出来ているかも異性にとっては重要な要素となるため、しっかりと準備していきたいですね。

次の約束を作りやすい点

お互い合うなと思った時、いきなり1対1のデートに持ち込むのは気が引けるかもしれません。がっついている様で嫌われたらどうしようとか、なかなか一歩が踏み出せない人も多いでしょう。

「また今度一緒に”ゴルフしたいですね。」

これだと、一緒にゴルフ出来たことが楽しかったと言いつつも、ゴルフ自体が楽しかったとも取れる、曖昧でありながらも確実に好印象を与えられる誘い文句となります。断られたとしても、スケジュールを合わせるのが難しいとか色んな理由で傷つけず、傷つけられる出来るため、そこまで落ち込むことも無いし、新しい出会いも求めやすい環境だと思います。

同伴&アフターがカギ

ホステスさんとの話ではなくて、自動車を持っていない女性を自宅近くまで迎えに行き、帰りも送っていくことでさらに親密になることも可能です。

ドライブデートは、お互い顔を見ながらしゃべらないので、心理的な負担が少なく、無言になっても運転に集中しているからなど気まずくならないので、メリットが大きいと思います。プレー終了後に二人でどこへ出かけるかはお任せします。

打ち上げでさらに仲良く

グループ交際になるので、打ち上げで飲み会を行えばさらに仲良くなれるチャンスがあります。お色直しをすることで、ラウンドはスポーティーに、打ち上げは別の印象付けが出来るので、ここでも人間性をアピールするチャンスが残っています。

コロナ禍にピッタリ

このご時世、飲み会ありきの出会いではなく、屋外での3密を避けられるゴルフ場での出会いがピッタリフィットしているのではないでしょうか。

不特定多数の異性と出会い、飲食を伴ったコミュニケーションを取り、その中から選択していくという恋愛の形は、その都度リスクが発生し続けるので、ある程度低リスクなゴルフで、相手を見定めて、そこから決まったお付き合いをしていくという流れの方がいいと思います。

是非とも参考にしていただき、たくさんの幸せなカップル誕生が叶うことを願っています。

ご注文
お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。