ブラックボロン・フェイスツートンデビュー

アルファメックの代名詞となっているブラックボロンですが、その性質上黒色化皮膜が薄いため、色が剥げてしまうという弱点があります。

これに関しては過去にブログで書いてございますのでご一読ください。

私どもがたどり着いた一つの答え、それは・・・

「剥げれるなら最初から剥がしておけばいいのでは・・・?」

フェース面だけサンドブラストで最初から剥がしてしまうことで、フェース面がスッキリとなります。また、スコアラインが真っすぐに見えやすいのでスクエアに構え易いという副産物的効果も出ました。

ソールはこんな感じになります

バンカーで3回打っただけですが、こんな感じの剥げ方をします。ただし、これだけは言っておかないといけないのですが、「メッキは剥がれていません」。つまり、そこが直ぐにノーメッキになって、錆が発生してくると言うことはありません。下地には強固なWニッケルメッキ層と、その上にブラックボロンの基になる無電解ニッケルメッキ層が乗っておりますので安心して使い続けられます。

徐々に増やしていきたいラインナップ

お客様に選択肢を沢山持っていただくことで、アルファメックを選んでいただけたらという思いです。今後ともよろしくお願いいたします。


お問合
わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。