【実録】バックフェイスのバッジを外してみた

お客様からのお預かり品で、残念ながらバックフェイスに何かがついているものは基本的にお断りしています。バッジの役割は、バックフェイスの意匠性を高める場合がほとんどです。大型化するアイアンのバックフェイスはキャビティがハーフからポケットキャビティと徐々に深く作られる様になりました。その結果、メッキの密着が得にくいという技術的な問題が発生しました。

それをカバーするためにそういった箇所に塗装を行ったり、バッジを貼ります。

上のスライドショーにある通り、バッジはメッキする際に不良の原因を付けたまま作業をするに等しいため、絶対に外します。そして、ほとんどの場合このように破壊してしまい再利用しづらい状態になるため、我々で手を付けることはしないという対応を敷かせて頂いているわけです。

多種多様なメーカーの製品を取り扱うため、その一点一点についてのノウハウが無いため、単純に取り外せるものなのか、再利用できるものなのか、機械的に組付けられていて単純に取り外せないものなのか分からないというのが我々が簡単に対応出来ない理由になります。

スライドショーのモデルの場合は、バーナーで炙れば簡単に外すことが出来ました。もし、バッジはどうなってもいい場合であれば、取り外してからご依頼頂ければ幸いでございます。

ご不明な点はお問い合わせください。

ご注文
お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。