190cmの友人にクラブセットを組んだ話

私には中学校からの友人で、身長が190cmぐらいの大男がいます。彼と同時期にゴルフを始めましたが、直ぐに挫折してゴルフに行かなくなりました。理由は、「腰が痛くなるから」でした。こんな残念なことはありません。しかし、楽しくないという彼を無理にゴルフに誘うのも気が引けるので、数年放置していました。しかし昨年コロナウイルスの影響で社交の場が少なくなり、三密を避けて遊べるゴルフに注目が集まると、続々と友人の間でゴルフを始める人が増えてきて、その190cmの友人もゴルフを再始動することになりました。

そこで、一肌脱ごうと考え、家にあるクラブセットに改造をして提供してあげることにしました。

ライを可能な限り寝かせる

軟鉄鍛造アイアンであれば多少のライ角調整は可能なので、知り合いの工房さんに持ち込んで、可能な限りライ角を寝かせるようにお願いしました。平均的な身長の人間がライを寝かせると、トゥダウンの状態になるため打球は右利きであれば右に飛んでいくことになりますが、190cmの彼からすると、今までよりもフラットに構えるのが楽になります。

一緒に2ラウンド程回って見てみましたが、ショートアイアンやウェッジで真っすぐ打てる確率が上がっていました。

しかし、190cmの友人に言わせるとまだ前かがみでしんどいというのです。

言わずもがな、同じ番手を持った190cmと170cmのアドレス比較です。少しハンドダウン過ぎるので、この後右に打ち出してしまっていましたが、これは腰が痛くなっても仕方がないなと思いました。

シャフト長を伸ばそう

相談した結果、本気でゴルフを続けたいという彼の想いを汲んで、シャフト長を伸ばしたアイアンセットを組むことになりました。

取引先様へ相談したところ、稀ですが高身長の方向けにシャフト長を伸ばすこともやっているので、軽めのヘッドを作ってくださることになり、それに応じて半インチ伸ばしたセットをつくることになりました。

本人は出来るだけ長い方が良いと言ってましたが、プロからすると1インチも伸ばすとそれだけミート率が下がってしまい、今まで打てていた7番や8番でもヒットしなくなるよということだったので、プロの指し示すとおりに半インチ伸ばしのセットを組むことになりました。

いきなりスコアアップ

その友人には申し訳ないのですが、スコア開示させて頂くと、120を切れなかったのに、半インチ伸ばしのセットを持ってラウンドに行ったところ、もう少しで100切り出来そうな104で上がれたと報告してくれました。

いやいやいや、道具でそこまで変わりますか?

ダイエット器具の広告じゃあるまいし、いきなりすぎて驚きました。

本人曰く、ロングアイアンはヒットしづらいけれども、ショートアイアンやウェッジの精度が上がったそうです。

欲を言えば、2打目で200ヤード打てるユーティリティや、パター、ドライバーなど自分に合ったものを作りたいということだったのですが、やはりゴルフは道具を選べるスポーツであるということを感じさせられたエピソードでした。

ご注文
お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。