ゴルフメッキ工房 ブログ

アルファメックによるゴルフメッキ工房ブログです。
ゴルフメッキ工房では、オリジナルゴルフヘッドの製作を主な業務として営業しています。
カスタムヘッド製作やゴルフのことなどを現場から発信していきます。

SQUAD

JLPGAランキングで2年連続賞金女王となった山下美夢有選手が、2022年も2023年も最終戦で使用したパターをご存知でしょうか。

大阪府門真市に本社工場を構える リアライズ株式会社 が生み出したDRAGというマレット型パターです。今年の3月ごろから100本限定のDRAG TOUR ISSUE Limited100として自社ホームページ当で販売されています。

DRAG TOUR ISSUE Limited100 | SQUAD (squad-golf.com)

偉業に携わらせて頂いた記念として購入

まず私の話をさせて頂きます。私は、アルファメック株式会社に2014年に入社した4代目の跡取り息子です。YouTubeでお話させているのが私です。入社してから3年間だけですが無電解ニッケルめっきと、硫酸銅めっきを手付けで行うラインで経験させて頂き、3年目から営業担当として見積作成を行うようになりました。そうこうしている内に6年目の2019年に差し掛かり、社内新規事業を立ち上げたいと考え、ゴルフクラブのリペア・カスタム事業を個人顧客向け、つまりBtoCで始めるため私もゴルフ事業に参画していくことになりました。

そんな取っ掛かりの時期に、リアライズ株式会社の吉田社長が弊社の事務所にホームページを見たので一度話をしたいと尋ねて来られました。そうして、色々な色の試作を通してSQUADブランドのBALLETからBALLET2、ACEなど山下美夢有選手やその他沢山のパターの名手と呼ばれる方に使われるパターの開発に表面処理業者として携わらせて頂くことになりました。

私自身が、親から引き継ぐ企業の中で40年以上のゴルフクラブ製造の現場とノウハウを持ちながら、何一つ知らないということを課題としていたこともあり、こういった貪欲な姿勢で製品づくりに挑む吉田社長と向かい合うことは、会社のことを知るという経験に役立たせてもらいました。

そうして2022年に山下美夢有選手がDRAGパターを使用しながらの快進撃を続け、賞金女王に輝かれました。

その記念に100本だけ生産されたDRAGを手に入れられるということで、貯金を下ろして購入しました。一生モノのパターとして使って行きたいと思います。

※私は購入後にブラックボロン艶消し仕様に改造しました。

ふるさと納税でも手に入る

しかもなんと、今年のふるさと納税でDRAG TOUR ISSUE Limitedモデルが手に入るのです。高額納税者の方はこの機会に楽天ふるさと納税でゲットしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。