インサートについて

特にパターで多い、フェイスインサートについて解説しようと思います。解説と言っても、打感とか操作性とかミス許容性のお話ではなく、メッキ加工に関わる話です。

フェイスインサートの目的

フェイスインサートは、パターの難易度を下げるために用いられたギミックです。パターの母体を形成している金属よりも柔らかい素材を入れてあげることで、打感を柔らかくしてみたり、慣性モーメントを向上させることが出来ると言われています。

その為、樹脂パットや銅プレートがフェイスに挿入されたパターがとても多いです。

フェースインサートを外さないとメッキ出来ない訳

弊社のゴルフメッキ工房のサービスでは、お客様からパターをお預かりする際、フェースインサートは取り外して頂くようにお願いしています。

その理由は・・・・

工程のどこかで外れてしまったり、場合によっては溶けたり、使い物にならなくなってしまうからです。

まず第一に、樹脂インサートの場合も銅インサートの場合も、接着剤で取り付けているため、剥離液や脱脂剤の中で粘着力が無くなり剥がれてしまいます。

そして第二に、銅は剥離液でボロボロに溶けてしまうためです。

外せば出来ます

フェースインサートが入っているから出来ないというわけではなく、外せばメッキは可能になります。

その為には、ゴルフ工房様やゴルフショップ様など、取外しの技術やインサート部品を取り寄せることが出来るコネクションがある業者様へお問い合わせ頂くことが最初の第一歩です。

ウェイトも一癖あります

タングステンを使用しているウェイトについても、剥離に耐えるものと溶けてしまうものがあります。理由は、タングステンは色んな金属の合金で、溶けやすい銅が多く含まれている場合があるためです。

弊社でも取り扱い実績がございますので、一度モデル名をお伝え頂いた上で対応可否をご案内させて頂きます。


お問合
わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。