ラインナップ

ゴルフクラブの全てを自分好みに変えるアルファメックからのご提案
多種多様なニーズに対応する充実のラインナップ

クロムサテン
Chrome Satin

軟鉄鍛造アイアンオーソドックスモデル
サテンとは、繊維業界で使用される朱子織(しゅすおり)と呼ばれる半光沢の高級感ある布地に似ていることからつけられたメッキの名称で、光の反射を抑えた落ち着きのある普遍的な人気を誇る表面処理です。耐久性と耐食性を兼ね備えた優等生。
おススメ:アイアン/ウェッジ

クロムミラー
Chrome Mirror

切れ味を追求するマッスルバックモデルにピッタリ
ミラー(鏡面)に仕上げられたクロムメッキは、青白い輝きを放ち特別な印象を与えます。硬度が高く、変色を起こさないクロムは、いつまでも光り輝くあなたのパートナーとしてキャディバッグで活躍の時を待ちます。
おススメ:アイアン/ウェッジ

ホワイトクロム
White Chrome

無光沢の存在感がゲームを支配
別名ミストクロム。ギラツキを極限まで抑える為、艶消し処理を行いマットで白い色調を手に入れました。存在感を消し去ることで、アドレス時のボールへの集中力を生み出しやすい表面処理です。
おススメ:ウェッジ/パター

ソフトブラック
Soft Black

削り出しパターなど、精度を要求するギアに
黒さの中に若干の赤味を帯びた色調のメッキをサンドブラストで艶消しにした落ち着いた仕上がりが特徴です。パターを中心に、意匠性が求められる製品への利用が広がっています。
おススメ:ウェッジ/パター

ミラーブラック
Mirror Black

差別化出来る抜群のソリッド感
ヘッドから醸し出されるソリッド感は、ゴルフクラブへの信頼に繋がります。完全なブラックでは無く、シルバーとの中間に位置する独特の存在感はお洒落な一面をキャディバッグから覗かせます。
おススメ:アイアン

ビーズボロン
Beads Boron

肩の凝らないアドレスをフォロー
ニッケルをベースとしたメッキにビーズブラストを打ち、柔らかい印象に仕上げた処理です。使い込むうちに独特の色合いへと変化していきます。意外にもその表面硬度はクロムに次ぐ硬さを誇ります。
おススメ:ウェッジ/パター

ミラーボロン
Mirror Boron

ソリッド&テンダネス
ミラー加工のソリッド感と、ボロンの優しさを両立させた欲張りな仕様です。ソリッド感はここぞという力が入る場面に。柔らかい感覚は、繊細なタッチが要求される場面に。
おススメ:ウェッジ/パター

サテンボロン
Satin Boron

1991年アルファメックが開発
某ゴルフメーカーラインナップで一世を風靡したモデル。ボロンメッキと呼ばれ、語感の良さから多くのファンを掴みました。ビーズボロン、ミラーボロンと同様に潜在的にアイアンに求められてきた、柔らかさの演出を可能にした処理です。
おススメ:アイアン/ウェッジ/パター

ブラックボロン
Black Boron

スピード感を重視したい方向け
ミラー研磨により若干の光沢感を演出し、流れるようなヘッドワークを黒くありながらも彩ります。振り抜き感が良く、ショートゲームの強い味方です。
おススメ:アイアン/ウェッジ/パター

ブラックボロン艶消し
Black Boron (Frosted)

太陽光の反射を極限まで抑えたモデル
ビーズブラストで艶消し処理を行い、黒色皮膜の非反射性能を底上げしたモデルです。白く色入れすることで、際立ったラインがパッティングの集中力を高めてくれます。
アイアン/ウェッジ/パター

銅サテン
Copper Satin

軟鉄より柔らかな赤胴の打感
ボールに吸い付くソフトな打感は、繊細なフィーリングが求められるショートゲームで重宝されます。柔らかい分耐久性は他のメッキに比べて劣りますが、勝負を獲りに行きたい方におススメします。
※この仕様については下記注意書きをご参照ください。
おススメ:ウェッジ/パター

銅ミラー
Copper Mirror

切れ味の鋭さと打感の柔らかさを
銅サテンと同様に繊細なフィーリングが求められるショートゲーム向きの仕様です。銅は変色しやすい金属ですが、ミラー研磨との相性は抜群。
※この仕様については下記注意書きをご参照ください。
おススメ:ウェッジ/パター

※銅仕上げは、軟鉄以上の打感を追求する為ダブルニッケルメッキ処理は行っておりません。そのため、銅メッキ層のみとなっており、耐食性や耐久性に関してはその他の処理に劣ります。ご了承願います。
※ここに掲載されていない処理をご要望の場合は、担当者にご相談ください。


お問合
わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。