諦めかけていた深いキズが入ったアイアンもリペア

ゴルフメッキ工房では、研磨を用いた小キズ消しは出来ると認知されていますが、石打ちなどで出来てしまった深いキズは直らないと諦めるケースが多かったと思います。今回、得意先様とのコラボレーションで、石打ちなどによる深いキズも溶接と研磨によって元通りにリペアする事例を紹介させて頂きたいと思います。

ミドルアイアン、ロングアイアンに多いと思いますが、ティーショットで思わぬ方向に飛んでいってしまい、ライの悪い場所から2打目3打目を打ってリカバリーしたいとトライする場面、あると思います。芝が生えていない、地面剥き出しのセーフゾーンには一見何もないようにみえますが、ターフを取るとそこには小石や木の根が張っていたりして、大きな深いキズがアイアンに残ってしまうケースがあります。

キズが入ると、ショットが真っすぐ飛ばない可能性はもちろん、その部分からサビが始まります。また、周りの部分よりも柔らかい軟鉄が剥き出しになってしまいますので、余計に削れて行くスピードも速くなってしまうのです。

直ぐに交換することをお勧め致しますが、自分に合ったクラブを手放したくない、思い入れがあって捨てられないという思いを叶えるのが、今回のリペアサービスとなります。

もし気になるようでしたらお気軽にお問合せください。

06-6971-3358


お問合
わせ