銅いぶし加工を自分好みに手研磨

弊社で取扱を始めた銅めっき後の銅いぶし加工ですが、黒いままお使いになって黒皮が剥がれ下地の銅が見えてくる風合の変化を楽しむのも良いのですが、自分の手で研磨することであらかじめ自分好みに仕上げることも出来ます。

そのまま使って行くと、フェイス面とソールから下地が見え出してきますが、バックフェイスも含めて全体的に研磨で風合いを出し古美感を演出するのも趣深いと思います。

是非お試しください。


お問合
わせ