2020年・年始ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

昨年は豪雨災害など、暗い話題がある中新元号令和となり、天皇陛下即位に際しては明るい未来を期待し、希望をもって仕事に励みたいと思う一年でございました。

ゴルフメッキ工房におきましては、たくさんのゴルフ工房様との差別化を図る意味で、アルファメックゴルフ工房からゴルフ”メッキ”工房へと名称変更を行い、銅いぶし加工、チタンフェイスへの各種メッキ加工、1/1000mmの技術を応用した精度の高い表面処理、長年培ってきた多種多様なカラーバリエーションを表看板に営業して参りました。

令和2年、アルファメック・ゴルフメッキ工房は、3つのことを実践していきたいと思います。

①新商品の開発

以前から処理出来る業者が限られていた銅いぶし加工を、メッキ加工業者である我々が内製化することによって、運賃など横持ちのコストカットを実現しました。今年はさらに、世の中にないゴルフクラブ向けのメッキ加工を自社で開発し、ゴルファーの選択肢に幅を持たせたいと考えております。

②Instagram等のSNSによる情報発信強化

一方通行ではない相互コミュニケーションツールとして、Instagramを中心に情報発信を続けていきたいと思います。主に考えているものは、お客様からお預かりしたリペア商品のビフォーアフター掲示、新商品の紹介、社内技術の紹介などです。フォローさせて頂いている皆様の投稿も楽しみに拝見させて頂いております。Instagramを利用されている方はこの機会に是非フォローをよろしくお願いいたします。

③本業との相乗効果

アルファメックは小型精密部品への無電解ニッケルメッキ、硬質クロムメッキ、銅メッキなどを得意とする表面処理メーカーです。一方でこうしてゴルフクラブヘッドの表面処理を一貫体制を敷いて対応しております。ゴルフ業界には、表面処理に対するニーズが大きく分けて3つあります。①外観②耐久性③独自性の3つです。①外観を磨くことは、他の現場においても商品の仕上がりを左右する技術力につながります。②耐久性を追求することは、精密部品(機械部品)の分野における最大のニーズと重なるため、耐摩耗性・衝撃性・防食性などを研究していくことでより良い製品を提供出来るようになります。③独自性はゴルフ業界で今最も課題となっている事柄で、自分だけのオリジナルクラブが持ちたいというニーズと、差別化出来るものが欲しいという売り手の要望を叶えるため、メッキメーカーとしてお手伝いできることを追求していくことは、我々の新技術開発にもつながっていきます。

こういったことを考え、今後も皆様のお役に立てるよう努力してまいります。何卒本年もよろしくお願いいたします。


お問合
わせ